住宅

マンションで臭い匂いが生じて対策した例

マンションの室内で異臭が発生し、対策した例です。

経年変化により、排水口のプラスチックに隙間が生じていました。シリコンチューブでカバーしました。

ちょっと広報誌では分かりにくいかもしれないので、補足しておくことにしましょう。

シリコンチューブというは近所のDIYショップやオンラインショップで販売されているシリコン製チューブです。中心は空洞になっていて、指で押せばゴムのように歪みます。

我が家の場合は直径3mmのシリコンチューブでしたけれども、空気が漏れてくる隙間の大きさに応じたチューブを購入すると良いでしょう。

このシリコンチューブが隙間の部分で弾力によって、元に戻ります。それでちょうど良い具合に固定されて、空気の逆流を防ぐことができる訳です。

この方法で空気の逆流を止めてから、もう五年以上が経過しています。特に不具合は全く生じておらず、他の住戸でも採用例が増えています。

マンションの異臭発生と対策

と、いうことで、実は広報誌の画像は、我が家なのでした。もちろんマンションの名前や地名は架空のものなので、検索しても当マンションを見つけることは出来ません。

ご興味やご質問のある方は、本ブログの「お問い合わせ」までご連絡いただけると幸いです。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

—————————–
記事作成:よつばせい